よもぎ蒸し・バイオよもぎ蒸し


ヨモギはつけてよし、食べてよし

そんな話を聞いたことはありませんか?

よもぎ蒸しは韓国では600年ほど前から民間療法として取り入れられていて、始まりは産後によもぎ蒸しをすると、産後の肥立ちが良いということで、各家庭で行われていました。

日本でも、昔からヨモギは軽い切り傷やすり傷、殺菌、下痢止めに効果があるとして外用、内服として用いられてきた歴史があります。

お灸の艾としても使われています。

婦人科系の悩み・美容・ダイエット・体臭改善・アンチエイジング・デトックス・痔の改善・癒し様々な活用法があります。


バイオよもぎ蒸し

よもぎには浄血、造血、健胃…、どくだみは殺菌など、野草には色んな作用・効果を持ったものたちがいっぱいです。

この野草たちだけでも、物凄い力があるのだけれど

これに発酵が加わると…


発酵といえば味噌、麹、醤油に納豆、漬物

日本人には切っても切れない食品たちです。

発酵食品の旨みは微生物が出す酵素の働きで、食材の成分を分解し、さらに際立たせることで生まれます。

納豆は納豆菌によって、ナットウキナーゼが生まれ血液を

サラサラにしたりネバネバ成分の「ポリグルタミン酸」はお肌の潤い保効果があります。

また、発酵食品に含まれる善玉菌は、腐らせる原因となる悪玉菌の働きを封じ込めるたりして善玉菌を増やし、腸内環境を整えるために働いてくれます。

「バイオよもぎ蒸し」はよもぎに発酵の力をプラスしたものです。